読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snac's memo

Hello! snacのブログです。

THE PINBALLSが売れないのであれば日本はおしまいだ

先日Large House SatisfactionとTHE PINBALLSのツーマンライブを観てきた。

 

ライブは良い…

ライブハウスは良い!

バンドってやつは最高だわ!!

そう思えた一夜だった。

 

f:id:ss_anac:20160216002632j:plain

 

Large House Satisfactionとは昔からの友人だ。

永いこと見てきたが、この日はここ最近の中で一番良いライブだった。

全国を回ってきてノウハウが溜まったのだろう。

演奏、盛り上げ方、グルーブ、全てが気持ち良かった。

とりわけ要司の歌声はよく抜けて聴こえた。

 

しかし、タイトルにあるように今回取り上げたいのはTHE PINBALLSだ。

なんなら絶賛したい。

THE PINBALLS最高。

THE PINBALLS最高!

 

絶賛ポイント

・曲が良すぎる

・キャラがピュアである

・うまい

 

何これェ…

語彙が無さすぎて泣けてくるが、それに尽きるのだ…

彼らを知ったきっかけがこちらのブログの記事なのだが(この人のブログも最高)、

YouTubeでPVを見ているうちに大好きになってしまった。

そんな訳で待ちに待ったライブであった。

 

実は数年前に見たことがあったのだが、その時は「なんじゃこのミッシェルまがいは…見なくていいや」という感想だけであった。

 

しかし、この日は本当に大満足のライブだった。

1曲目を聞いた時、「ちょっと腰(グルーブの事)が弱いか…?」と思ったが、

そんな音楽好きにありがちな鬱陶しい批評感を、彼らは見事に吹き飛ばしてくれた。

曲を追うごとにどんどん上がっていくステージとフロアの温度。

身体を揺らさずには入られない。

ロディックな曲もアップテンポな曲もダンサブルな曲も、

ぜんぶ最高。

鳴り響く爆音の中、確かに耳に届いてくるのはボーカルの古川氏が紡ぐ独特な歌詞だ。

彼は間違いなく天才だ。

若手バンドの中で彼ほど魅力的なストーリーテラーはいないだろう。

ハスキーではあるが、高音も艶やかに伸びる歌声もまっすぐ胸へと突き刺さる。

同じ時代にボーカルをしていたら、嫉妬で狂ってたな…

 

彼らが劇場支配人のテーマを演奏した時、

思わず笑ってしまった。

格好良すぎて、もう笑ってしまうのだ。

「アアアイエエエエエエエ!!!」

と歌い、腕を振り上げてしまった。

普段はそんな事しないが、せざるをえなかった。

最高。

 

そしてお待ちかねのアンコール、Largeの要司の迎えての

「真夏のシューメイカー」

これがね…また最高だったのよ…

滅茶苦茶格好良かった…

畜生、超かっこ良かった。

 

もう毎回やってほしい。

真冬の灼熱。

 

僕は声を大にして言いたい。

THE PINBALLSが売れないのであれば日本はおしまいだ!

 

さよなら20世紀

さよなら20世紀