読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snac's memo

Hello! snacのブログです。

ニートデイズ 008

今まで何度か転職をしてきたが、
キャリアアップを狙って活動をしたのは今回が初だ。
その狙い通り年収はいくらか上がりそうである。
色々な会社と話していて、有効だったトークを忘れないようまとめておく。

  1. アプリのUI/UX
    アプリ開発およびデザインの経験があるので、
    開発秘話やデザインに関すること、自分が関わった部分をすべて話した。
    ポートフォリオサイトには着想〜実装〜検証のプロセスを全て載せ、
    どのようにプロダクトが出来るかを詳細に説明した。
    面接・面談で一番盛り上がり、自分も相手も前のめりで話し合うことができた。
    逆を言えば、どんな球が来ても一旦ここの話に持っていけるように誘導した。
    「仕事で一番やりきったと思った経験は?」
    「一番自慢のプロダクトは?」
    「こだわった作品は何ですか?」
    すべて明太マヨ!に持っていくぐらいの気負いで、
    アプリの話題へと持って行った。
    色んなエントリーしたが、スベり知らずであったように思う。
    それでも落ちる時は落ちたが。
    →アプリの話はみんな大好き

  2. ビジネスツール開発
    デザイナー、というよりシステムの仕事に近い。
    eclipseやgitを使ってバージョン管理をしつつ、
    使いやすいUIを追求する。
    コーディングメインなので、単純な絵作りとは違うスキルが求められる。
    固めの会社ではこちらに関してよく聞かれた。
    チームでプロジェクトを進めた、という点も大きなアピールポイントになったようだった。
    →小難しいプロジェクトは一段上の会社に連れてってくれる

  3. 動画
    上の2点と比べるとあまり突っ込まれなかったが、
    動画スキルを持っているとそれなりに驚かれる。
    純粋に制作フローや出来上がったアニメーションの興味を惹かれるようである。
    また、アプリの会社等ではAfterEffectsでアニメーションの指定をして
    システムに組み込んでもらうところもあるようだった。
    ただ、時代の流れの割には求められていない様子。
    →動画もみんな好きだが、デザイナーに作ってもらうものだとは思っていない

そんなこんなで、
転職活動も今週で終わる予定。
妻もニート生活の暇加減に苦しんでいたが、
なるほど確かに狂う。
はやく社会活動に復帰せねば…